仕立て屋か?デザイナーか?

イメージを具現化するデザイナー。

  • 顧客のイメージを形にする際5ミリに気を配る仕立て屋。「いい服を作りたい」という願いは同じです。洋服を真面目に考えているだけです。自己の完成がないのと同様、洋服に完成はない。個々の理想のスタイル、今の自分を投影する事、どれを取っても一番分かりやすい共通言語の衣。
  • トルソー
  • アルティジャーノ
  • テーラーヨシムラは、アルティジャーノ(職人)の存在なしではあり得ません。当たり前のことを丁寧に仕上げる。それを実現するのは機械ではなく人間です。わが工房には優れたアルティジャーノがいます。彼らの技の中にこそテーラーヨシムラの服が脈々と受け継がれています。ある靴職人の引用です。「インダストリアルな靴は進化する必要がある。ユーザーがそれを求めているからだ。だが、アルティジャーノの作る靴を希望するユーザーが求めるものは、トレンドではなくエレガンスだけなので進化する必要がないのだ」私どもは、お客様ひとりひとりの完成形を見つけるお手伝いを しているに過ぎません。たかが洋服、されど洋服です。

歴史の短い日本の洋服文化。自分のイメージ、お客様のイメージ、5ミリのこだわりを大事にしていきます。本質とは真剣に楽しむことです。テーラーヨシムラの洋服は進化を求めているのではなく本質です。本質とは真剣に楽しむことです。